【中医協検証部会】同一建物の在宅業務等、14年度改定影響を検証

2014年5月19日 (月)

ニュース


 厚生労働省は14日、中央社会保険医療協議会の診療報酬改定結果検証部会に、2014年度診療報酬改定で見直された同一建物における在宅患者訪問薬剤管理指導料の評価、後発品使用促進策等の影響を検討する特別調査実施案を示し、同日の総会で了承された。特に在宅医療の実施状況については、不適切な保険診療の運用事例に対応するため、8月に調査を実施し、10月にも速報結果をまとめる。

 14年度調剤報酬改定では、在宅薬剤管理指導業務を推進し、質を確保するため、保険薬剤師1人につき1日5回に限り算定することを要件に「在宅患者訪問薬剤管理指導料」が見直され、同一建物以外の場合の点数が現行の500点から650点に引き上げられた一方、同一建物については現行350点から300点に引き下げるメリハリがつけられた。



HOME > ニュース > 【中医協検証部会】同一建物の在宅業務等、14年度改定影響を検証

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!