【あすか製薬】カンデサルタンAG、武田と事業化契約締結

2014年5月22日 (木)

ニュース


 あすか製薬は高血圧症治療剤「カンデサルタンシレキセチル(一般名)」のジェネリック薬を、先発品「ブロプレス」を持つ武田薬品から特許権等の許諾を受けてオーソライズド・ジェネリック(AG)として発売する。両社が16日に事業化契約を締結した。既に2月に製造販売承認を取得しており、6月の薬価収載を経て、あすかが医療機関へ情報提供し、武田があすかから製品を仕入れて特約店へ販売する。

 武田はあすかの筆頭株主として従来からあすか製品の流通を担ってきた。

 あすかは2013年10月にジェネリック事業本部を新設し、今回、先発品と原薬・添加物・製造方法が同じAGを初めて手がける。



HOME > ニュース > 【あすか製薬】カンデサルタンAG、武田と事業化契約締結

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!