【米アボット】チリのジェネリック薬大手買収‐3000億円で中南米トップ10入り

2014年6月2日 (月)

ニュース


 米アボットは、チリを本拠に中南米をカバーするジェネリック薬企業「CFRファーマシューティカルズ」を買収する。

 買収額は約29億ドル(約2955億円)で、9月までに手続きを終える予定だ。アボットは買収によって中南米でのブランドジェネリック医薬品売上を2倍以上に高め、中南米地域で製薬トップ10入りに浮上する。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【米アボット】チリのジェネリック薬大手買収‐3000億円で中南米トップ10入り

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!