【厚労省】医療用検査薬のスイッチ化、新スキームの議論スタート

2014年6月9日 (月)

ニュース


 厚生労働省は4日、薬事・食品衛生審議会医療機器・体外診断薬部会で、医療用として用いられている検査薬を一般用として利用できるようにするための新ルール整備に向けた議論をスタートさせた。厚労省が1990年にまとめた「セルフケア領域における検査薬に関する検討会」で示されている「導入に際しての基本的な考え方」を見直した上で、年内にも日本OTC医薬品協会などが要望している検査項目について、新たに一般用検査薬として認めるかどうかの検討に着手する。

 日本臨床検査薬協会やOTC薬協は、OTC化を求める検査として、グルコースやコレステロール、尿酸など49項目を挙げ、新たなルールの整備を要望している。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】医療用検査薬のスイッチ化、新スキームの議論スタート

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS