【厚労省】後発品454品目を薬価収載‐初は4成分、“0.5がけ”3成分

2014年6月24日 (火)

ニュース


 厚生労働省は20日、後発品454品目を薬価収載した。品目数は、昨年12月の前回収載の694品目から240品目減った。初めて後発品収載された成分が前回の11成分から4成分に減ったことが主な要因と考えられる。初の後発品収載は、血圧降下剤のディオバン(成分名:バルサルタン=ノバルティスファーマ)、血圧降下剤のプレミネント配合錠(ロサルタンカリウム・ヒドロクロロチアジド=MSD)、血圧降下剤のブロプレス(カンデサルタンシレキセチル=武田薬品)、骨吸収抑制剤のゾメタ(ゾレドロン酸水和物=ノバルティスファーマ)の4成分。薬価制度改革で新たに導入された、新規収載希望が10品目を超えた内用薬に限って先発薬価の“0・5がけ算定”とするルールには、4成分176品目が該当した。(表参照

 収載の対象となったのは、今年2月25日までに薬事承認された医薬品。収載希望は541品目だったが、安定供給に不安があったことなどを理由に、14品目が希望を取り下げた。また、局方名収載等により73品目が告示不要となり、最終的に60社の125成分240規格454品目が収載された。



HOME > ニュース > 【厚労省】後発品454品目を薬価収載‐初は4成分、“0.5がけ”3成分

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!