【全国薬科大学長・薬学部長会議】会長に市川氏を再任‐直面する課題等協議

2014年7月2日 (水)

ニュース


第1回総会を開催

都内で開かれた第1回総会

都内で開かれた第1回総会

 全国薬科大学長・薬学部長会議は6月27日、都内で第1回総会を開き、新年度会長に武庫川女子大学の市川厚、副会長に岡山大学の森山芳則の両氏を再任したほか、2013年度の事業報告、決算などを了承した。日本薬剤師会等の薬剤師免許発行の短縮化要望、共用試験(CBT)内容の不正なネット掲示問題などの対応策などを協議した。市川会長は「今後とも、質の良い学生を育成し、社会に貢献できる薬学部に向けて努力したい」と再任の抱負を述べた。

 CBTの不正問題への対応をめぐっては、薬学共用試験センターから「問題公開は当初から考えていたが、問題が漏れることで、後に受ける者が有利になるようなことは避けたい。特にOSCEの問題数は圧倒的に少なく、これが漏れるようでは試験が成り立たない」など対応の必要性を強調。



HOME > ニュース > 【全国薬科大学長・薬学部長会議】会長に市川氏を再任‐直面する課題等協議

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!