【厚労省/警察庁】脱法ドラッグ、新名称募集‐危険薬物の意味合いを

2014年7月11日 (金)

ニュース


 厚生労働省と警察庁は5日から、「脱法ドラッグ」に代わる新しい呼称の募集を開始した。脱法ドラッグの乱用者による犯罪や、交通死亡事故などが相次ぎ、社会問題化していることを受けたもので、4日の閣議後に会見した田村憲久厚労相は、「脱法ドラッグだと法律違反ではないイメージになる。そうではなく、非常に危険な薬物であるという意味合いの呼称を募集したい」としている。

 新名称の要件は、▽危険性の高い薬物と理解できる▽幅広い世代が理解できる▽危険性について誤解を与える「ハーブ」という呼称は原則使用しない▽公序良俗に反しない表現――の4点を挙げている。



HOME > ニュース > 【厚労省/警察庁】脱法ドラッグ、新名称募集‐危険薬物の意味合いを

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!