【JUMP】医療情報の標準化推進を‐残薬、重複投薬解消に効果

2014年7月14日 (月)

ニュース


JUMPが政策提言

9日に都内で開かれたJUMPの記者会見

9日に都内で開かれたJUMPの記者会見

 日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会(JUMP)は9日、都内で記者会見し、医療等情報の利活用強化に向けた提言を公表した。標準化の実質的な推進やマイナンバー導入、プライバシー保護法制の確立を課題に挙げ、抜本的な改革を要求。これにより、高齢者の薬の飲み残しによる400億円程度の残薬削減や約1400万件の重複投薬適正化、約1000億円程度の新薬開発コスト削減等が見込まれると効果を試算した。

 提言では、わが国の医療分野への情報機器導入は世界トップレベルにあり、医療・介護等情報の電子化が進んでいるとしながらも、「情報の利活用が極めて不十分」と指摘。それぞれのデータベースを連結するための識別子が存在しない現状では(利活用は)不可能」とし、患者へのサービス提供や創薬に生かすための電子化に向け、抜本的な改革が必要との認識を示した。



HOME > ニュース > 【JUMP】医療情報の標準化推進を‐残薬、重複投薬解消に効果

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!