ジェネリック薬、数量ベースは拡大‐厚労省・城経済課長が講演

2014年7月17日 (木)

ニュース


城克文経済課長

城克文経済課長

 厚生労働省医政局経済課の城克文課長は12日、名古屋市内で開かれた日本ジェネリック医薬品学会第8回学術大会で講演し、新たなジェネリック医薬品(GE薬)の薬価算定ルールがスタートした以降の市場について、「価格としては15~20%下がっているのに等しく、厳しい状況」としながら、4月の診療報酬改定で、新たな後発医薬品調剤体制加算の設置やDPC病院における機能評価係数IIに後発医薬品係数が入ったことで、数量ベースでは拡大しているとの現状認識を示した。ただ、調剤体制加算については「政策誘導点数であって、営業補償のための点数ではない。皆が取れるようになったらいらない。それに向けて努力をしてほしい」との考えを示した。

 既存GE薬の薬価が3価格帯になったが、「始まりが5割で、万遍なくばらけると3価格帯になるが、実際は一つとか二つというものが出てきている。GE薬の価格はほぼ同じ、逆にいえば、市場実勢価を引き上げてでも価格帯を揃えるという強い中央社会保険医療協議会側の意志が示されている」とした。



HOME > ニュース > ジェネリック薬、数量ベースは拡大‐厚労省・城経済課長が講演

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!