【薬食審安対部会】第1類薬3成分、リスク区分を見直し

2014年7月29日 (火)

ニュース


 薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会は23日、製造販売後調査を終えた第1類薬3成分のリスク区分見直しを審議し、点鼻ステロイド薬の「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」(佐藤製薬「ナザールAR」ほか)を指定第2類に、鼻炎用点鼻薬の「ケトチフェンフマル酸塩」と「ナファゾリン塩酸塩」の配合剤(大正製薬「パブロン点鼻クイック」ほか)を第2類にそれぞれ引き下げることなどを了承した。

 ベクロメタゾンプロピオン酸エステルについては、ステロイドのプレドニゾロンを含有する点鼻剤が指定第2類に区分されており、副作用の発現率もそれほど高くないことなどから、指定第2類に引き下げることが妥当と結論づけた。



HOME > ニュース > 【薬食審安対部会】第1類薬3成分、リスク区分を見直し

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!