【阪大/基盤研/レジエンス】再生医療等製品の開発で共同研究を開始

2014年8月6日 (水)

ニュース


 大阪大学と医薬基盤研究所、再生医療の事業化に取り組むレジエンスの3者は、iPS細胞を用いた肝硬変治療の再生医療等製品の開発について共同研究の契約を締結した。

 基盤研招聘プロジェクトリーダーの水口裕之・大阪大学大学院薬学研究科教授はiPS細胞から分化させた肝前駆細胞を維持・増幅する技術や高機能な肝細胞への分化誘導技術開発に成功している。この技術は、肝細胞の大量供給、ひいては肝細胞移植を可能にする基盤技術となるものと期待されている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【阪大/基盤研/レジエンス】再生医療等製品の開発で共同研究を開始

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS