【アストラゼネカ/ロシュ】EGFR阻害剤「AZD9291」、コンパニオン診断薬開発で提携

2014年8月8日 (金)

ニュース


 英アストラゼネカとスイスのロシュは、開発中の非小細胞肺癌(NSCLC)治療薬「AZD9291」について、血漿検体を用いたコンパニオン診断薬開発の提携契約を結んだ。

 「AZD9291」は、野生型上皮成長因子受容体(EGFR)には作用せず、EGFR変異と、EGFRチロシンキナーゼ抵抗性による「T790M」変異の双方を阻害する不可逆的阻害剤。EGFRチロシンキナーゼ阻害剤による前治療後に、病勢進行が認められたEGFR変異陽性、T790M耐性変異陽性のNSCLC患者に効果を発揮する。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【アストラゼネカ/ロシュ】EGFR阻害剤「AZD9291」、コンパニオン診断薬開発で提携

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS