検査薬のスイッチ化、業界は意義強調‐薬食審部会がヒアリング

2014年8月27日 (水)

ニュース


 医療用検査薬を一般用にスイッチ化する仕組みづくりを検討している薬事・食品衛生審議会医療機器・体外診断薬部会は20日、体外診断薬を製造販売する業界や、一般用検査薬を販売する業界の代表者からヒアリングを行った。

 日本OTC医薬品協会や、臨床検査薬の製造・販売業者などで構成される日本臨床検査薬協会などは、一般用検査薬で生活者自身の健康状態が把握できれば、疾病の早期対応、発症予防につながると拡大の意義を強調した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 検査薬のスイッチ化、業界は意義強調‐薬食審部会がヒアリング

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS