【第47回日薬学術大会】将来の薬剤師、山形から発信‐6000人を超す参加者見込む

2014年9月10日 (水)

ニュース


服部智彦運営委員長

服部智彦運営委員長

 第47回日本薬剤師会学術大会が10月12、13の両日、山形市内の山形市民会館、山形国際ホテルなどを会場に開催される。服部智彦運営委員長(山形県薬剤師会会長)は本紙に対し「今年は121年目。新たな輝かしい薬剤師の将来を求め、全ての職種の薬剤師が一つになり、北国・山形から第一歩を踏み出す。そういう思いを込め全国に発信したい」とし、メインテーマに「オール薬剤師の新たなあゆみ―出羽の国 やまがたから発信―」を取り上げた理由を語った。事前登録者も順調に推移し、当日参加を含め6000人を超す参加者を想定している。

 今年の年会では一般演題が547題(口頭205題、ポスター342題)と昨年の大阪大会(637題)には及ばないものの、過去の多くの学術大会に匹敵する演題数が集まった。参加者数も事前登録で5200人を超している。分科会は17テーマ(前回19テーマ)、ランチョンセミナー等の協賛セミナーの数も23テーマに上る。



HOME > ニュース > 【第47回日薬学術大会】将来の薬剤師、山形から発信‐6000人を超す参加者見込む

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!