【大阪府】健康情報拠点のモデル事業‐200薬局に情報をメール発信

2014年9月19日 (金)

ニュース


 大阪府は、今年度事業の中で取り組みを進めている健康情報拠点推進事業で、薬局を活用したセルフメディケーション推進と、健康増進サポートのモデル事業の実施概要を固めた。大阪府薬剤師会への委託事業で、府薬を中心に薬局健康情報拠点推進協議会ワーキンググループ(WG)を設置し検討を進めていた。

 同モデル事業では、府薬の豊中支部を中心に府下57支部の各2薬局の約200薬局が参加し、各自治体の健康情報などをメール配信するシステムを活用し情報提供を行う。また、健康増進サポート事業では、薬局店頭で呼吸器機能検査機器を用いたCOPDの検査や検診受診啓発、同疾患の周知などを岸和田支部で実施する。



HOME > ニュース > 【大阪府】健康情報拠点のモデル事業‐200薬局に情報をメール発信

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!