【厚労省】医療介護改革で推進本部‐地域ケアへ国民理解求める

2014年10月16日 (木)

ニュース


あいさつする塩崎恭久厚労相(中央)

あいさつする塩崎恭久厚労相(中央)

 厚生労働省は10日、地域包括ケアシステムの構築と医療保険制度の安定化を図るため、「医療介護改革推進本部」を立ち上げた。塩崎恭久厚労相を本部長とし、医療・介護制度改革に対する国民への理解を深める活動を積極的に展開すると共に、地方自治体との協議を進め、関係者の理解と協力を求める。

 同本部の設置は、医療、介護、日常生活の支援等が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築と、国民健康保険制度の基盤強化をはじめとする医療保険制度改革を進めていくことが目的。改革に対する国民の理解を得るため、厚労省の部局が一体となって、地域包括ケアシステムの構築と医療保険制度改革に関する広報活動を積極的に展開すると共に、医療保険制度改革について地方自治体や医療関係者と協議を進め、理解と協力を得る取り組みを行っていく方針である。



HOME > ニュース > 【厚労省】医療介護改革で推進本部‐地域ケアへ国民理解求める

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!