薬剤師機能向上を目指して‐山形で第47回日薬学術大会開く

2014年10月16日 (木)

ニュース


全国から多くが参集

山形市内で開催された第47回日本薬剤師会学術大会

山形市内で開催された第47回日本薬剤師会学術大会

 第47回日本薬剤師会学術大会が、「オール薬剤師の新たなあゆみ―出羽の国 やまがたから発信」をメインテーマに12、13の両日、山形市内で開催された。全国から約6000人の薬剤師が参加。山形県での学術大会の開催は、今回が初めてで、一般演題は547題(口頭205題、ポスター342題)と過去の学術大会並みの演題数が集まった。各会場では薬剤師の17の分科会が繰り広げられ、高度化する医療の中で、チーム医療への参画や在宅医療、さらには地域健康拠点としてのセルフメディケーションの推進など薬局、薬剤師が果たす役割について、積極的な討論が繰り広げられた。

 初日の開会式であいさつした山本信夫日薬会長は、学術大会開催は大都市でなくては難しいとの声もあるとした上で、「今年の(山形の)学術大会はそうした声を掻き消す新しい一歩を踏み出すにふさわしく、開催都市の大きさにかかわらず、薬剤師の思いを結集する意気込みがあれば、開催できることを実証していると思う」と今大会への思いを語った。

 また、各分科会のテーマについては、「これらは薬剤師に向けられた社会からの指摘を真正面に受け止め、一つひとつの課題に、真摯に応えようとする姿勢を明確にしたもの。参加者による活発な討論を通じ、薬剤師のあるべき姿に向かって、明日からではなく、今日から自ら目指すべきゴールを目指して、歩みをはじめることと思う」とした。



HOME > ニュース > 薬剤師機能向上を目指して‐山形で第47回日薬学術大会開く

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!