【厚労省】発生4カ国滞在歴を確認‐エボラ出血熱で検疫強化

2014年10月28日 (火)

ニュース


 厚生労働省は、西アフリカで流行しているエボラ出血熱への検疫を強化するため、入国者全員に対する過去21日以内のギニア、リベリア、シエラレオネ、コンゴの発生4カ国滞在歴を確認する方針を決めた。入国管理局と連携しつつ、成田空港等の各空港の検疫所における対応を強化する。

 エボラ出血熱をめぐっては、西アフリカでの発生が続いており、WHOによると19日現在、西アフリカ3カ国で9911人の患者のうち4868人が死亡。特にコンゴでは、20日現在で66人の患者のうち49人が死亡している。



HOME > ニュース > 【厚労省】発生4カ国滞在歴を確認‐エボラ出血熱で検疫強化

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!