患者申出療養、法案提出へ‐社保審医療保険部会が了承

2014年11月14日 (金)

ニュース


有害事象の責任に懸念も

 社会保障審議会医療保険部会は7日、患者申出療養(仮称)の制度化に向けた枠組みを了承した。厚生労働省は、次期通常国会に関連法案を提出し、制度創設に向けた検討を進める。運用上の課題などについては、引き続き中央社会保険医療協議会で議論する。この日の会議では、有害事象が発生した場合の責任の所在をどこに求めるのかなどを問う意見や、対象となる未承認薬や医療技術の安全性・有効性を担保するための仕組みの構築を求める意見が出た。

 患者申出療養は、困難な病気と闘う患者からの申し出を起点とする新たな仕組みとして、保険外併用療養費制度の中に新たに創設されるもので、未承認薬や保険収載されていない医療技術などの使用を保険外併用療養として迅速に行えるようにし、患者の治療の選択肢を拡大することを目的としている。



HOME > ニュース > 患者申出療養、法案提出へ‐社保審医療保険部会が了承

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!