衆院選挙、議席獲得へ熱い戦い‐松本、渡嘉敷、逢坂3氏が立候補

2014年12月8日 (月)

ニュース


松本純氏

松本純氏

 第47回衆議院議員選挙が2日に公示され、約2年にわたる第2次安倍政権に対する有権者の審判が下される。薬剤師としては、日本薬剤師連盟等が推す自民党の松本純(神奈川1区)、渡嘉敷奈緒美(大阪7区)の両現役議員、浪人中の民主党の逢坂誠二(北海道8区)の各氏が立候補し、それぞれ地元で出陣式を行った。前回の2012年12月の選挙は与党民主党の政権下で実施されたが、薬剤師として初めて厚労大臣となった三井辨雄氏をはじめとする民主党薬剤師議員候補者は全敗に終わり、薬剤師議員は5人から一気に2人へと減った。今回の選挙では三井、樋口氏ともに出馬せず、自民党の2議員の再選、逢坂氏復活と3人の薬剤師候補者が議席獲得を目指し、14日の投開票日までの激戦を戦う。

 自民党副幹事長、政務調査会会長代理・松本純氏(5期、東京薬大卒)は今回も横浜市金沢区、磯子区、最後に中区を一巡する形で出陣式を行った。最も大きな会場となった中区のロイヤルホールヨコハマでの出陣式には、地元の県議会議員等をはじめとして、自民党の参議院議員で医歯薬出身の羽生田俊、下村大、藤井基之の3氏らのほか日薬、日病薬の多くの薬剤師関係者も応援に駆けつけた。



HOME > ニュース > 衆院選挙、議席獲得へ熱い戦い‐松本、渡嘉敷、逢坂3氏が立候補

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!