健全な科学研究へ共同声明‐日本学術会議など4団体

2014年12月16日 (火)

ニュース


 日本学術会議、国立大学協会、公立大学協会、日本私立大学団体連合会の4者は11日、科学研究の健全性向上に向けた共同声明を発表した。研究費の不正使用やデータねつ造、改ざん等の不正行為が後を絶たないことから、日本の学術研究に対する国際社会の信頼を回復するための決意を表明した。

 同会議は、2006年10月に声明「科学者の行動規範」を公表し、昨年1月には改定を行うなど、研究不正問題に取り組んできた。また、各大学でも学内に倫理委員会が設置され、研究不正の防止等の対応を行う体制が整備されてきた。

 こうした中で4者は、研究の健全性を強化すると共に、研究者の規範意識を高める対策を講じ、日本の学術研究に対する国際的な信頼回復が急務と判断。共同声明を発表した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 健全な科学研究へ共同声明‐日本学術会議など4団体

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS