【第47回衆議院議員選挙】薬剤師候補3氏が当選果たす‐日薬連盟、次期参院選挙に弾み

2014年12月18日 (木)

ニュース


迅速な活動・連携で成果

支援者らと写真に納まる松本純氏(神奈川県薬剤師連盟提供)

支援者らと写真に納まる松本純氏(神奈川県薬剤師連盟提供)

 第47回衆議院議員選挙の投開票が14日に行われ、民主・国民から政権奪取した前回に続き、自民・公明が全議席の3分の2を超す326議席を確保、大勝利を収めた。日本薬剤師連盟の推薦候補者も順調に推移。自民党の松本純、渡嘉敷奈緒美の両氏に加え、民主党の逢坂誠二氏の薬剤師議員3氏が見事当選を果たし、薬剤師の国会議員は最盛期に近い4氏となった。また、日薬連盟重点候補41人のうち40人が当選したことなどを踏まえ、山本信夫日薬連盟会長は15日、今回の勝利につながった連携活動が来年の統一地方選挙、さらには2016年のの藤井選挙にも弾みになると高く評価した。

 民主党連立政権に対する激しい逆風の中での前回12年の選挙と違い、自民・公明連立政権優位とされた今回の選挙の投票率は、特に小選挙区選では戦後最低だった前回の59.3%をさらに6ポイント以上下回る52.6%となった。比例選も同様に投票率は6ポイント以上下回った。



HOME > ニュース > 【第47回衆議院議員選挙】薬剤師候補3氏が当選果たす‐日薬連盟、次期参院選挙に弾み

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!