【厚労省】ロキソプロフェン、第1類据え置き官報告示

2015年1月28日 (水)

ニュース


 厚生労働省は22日、一般用医薬品の解熱鎮痛薬「ロキソプロフェンナトリウム水和物」のリスク区分について、これまでと同様に第1類とすることを官報告示した。

 ロキソプロフェンのリスク区分をめぐっては、昨年8月の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会で指定第2類への変更が了承されたものの、昨年11月の医薬品等安全対策部会でも、禁忌となっている妊婦の服用を懸念する意見や、長期使用による乱用を懸念する意見が相次ぎ、第1類に据え置かれることとなった。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】ロキソプロフェン、第1類据え置き官報告示

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS