【田辺三菱製薬】大阪・道修町に本社ビル竣工

2015年2月18日 (水)

ニュース


田辺三菱製薬・本社ビル

田辺三菱製薬・本社ビル

 田辺三菱製薬の本社ビルが6日、同社発足時の本社所在地である大阪市中央区道修町に竣工した。今後は、同社の各部門およびグループ会社が3月上旬から順次移転を開始し、4月1日より本格稼働する。総工費は約50億円。

 竣工した本社ビルの主な特徴は、▽総合設計制度を採用した地上14階、地下2階の免震構造(地下1階柱頭免震)。非常用電源設備、2回線受電などの災害に備えた設備を採用▽外装には、コンパクトダブルスキン・カーテンウォールと基壇部を中心にテラコッタ・タイルを採用し、歴史と未来を感じさせる外観とエントランスおよび環境配慮型オフィスを実現▽2階には、「田辺三菱製薬史料館」、執務室各階にリフレッシュコーナー、13階に社員食堂、14階に屋上緑化とカフェテラスを設置▽公開空地は、道修町や三休橋筋の地域コミュニティとの共生・貢献を視野に入れ、薬草タイルを施した植栽枡を設置する(大阪市まちなみ修景補助制度を活用)など、まちなみづくりに努める▽環境性能はCASBEE(建築環境総合性能評価システム)「Aクラス」を取得予定――など。



HOME > ニュース > 【田辺三菱製薬】大阪・道修町に本社ビル竣工

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!