【武田薬品】トルコ製薬企業を買収‐総額145億円、13製品導入

2015年3月3日 (火)

ニュース


 武田薬品は、トルコ製薬大手「ノイテック」の子会社「トップラムカリテ」を買収した。買収額は最大3億トルコリラ(約145億円)で、6月までに手続きを完了する見込み。消化器系・呼吸器系・代謝系・筋骨格系領域の13製品を獲得し、トルコ国内の製薬企業上位20社以内を目指す。

 武田は、現地子会社を通じて、消化性潰瘍治療剤「パントパス」、2型糖尿病治療剤「アクトス」、呼吸器疾患治療剤「アルベスコ」、筋骨格系疾患治療剤「ゼフォラピッド」などを自社販売してきた。中近東・アフリカ地域の最大市場で、今後成長が見込まれるトルコ市場でのプレゼンスを強化するため、トップラムカリテの買収に踏み切った。



HOME > ニュース > 【武田薬品】トルコ製薬企業を買収‐総額145億円、13製品導入

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!