【厚労省】インフル薬備蓄で新方針‐感染症部会に小委員会設置

2015年4月9日 (木)

ニュース


 厚生労働省は、新型インフルエンザ対策におけるパンデミックワクチンや抗インフルエンザウイルス薬の備蓄に関して、新たな方針を策定する。抗ウイルス薬が多様化したことなどを受けて、改めて備蓄率などを検討する必要があると判断した。2日の厚生科学審議会感染症部会で、同部会のもとに小委員会を設置することを了承した。今夏をメドに方針を取りまとめる予定で、来年度以降の施策に反映させたい考えだ。

 国が策定した新型インフルエンザ対策のガイドラインでは、これまでも国内発生時におけるパンデミックワクチン確保、抗ウイルス薬の備蓄に関する方針が示されてきた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】インフル薬備蓄で新方針‐感染症部会に小委員会設置

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!