【CSO協会】15年目標のCMR5000人‐清水会長「視野に入ってきた」

2015年4月17日 (金)

ニュース


清水昇会長

清水昇会長

 日本CSO協会の清水昇会長(クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン社長)は10日、都内で実施した活動報告会で、2014年の派遣MR総数(コントラクトMR:CMR)が前年比で16.8%増の4148人と二桁の伸びを示したことについて、「CSO市場の裾野が広がってきた」と語った。待機MRを含めると約4600人まで増加しており、「目標とする15年のCMR5000人が視野に入ってきた」と手応えを語った。

 14年は、糖尿病治療薬のSGLT2阻害剤や経口C型肝炎治療薬などの新薬上市に伴う需要の増大と、CSO活用企業の裾野拡大の二つが要因となり、CMR数が大幅に増加した。CSOを活用する企業数では、前年の74社から84社へと増えて、特にMR500人未満の企業で見ると、ジェネリック医薬品メーカーや海外からの参入企業でCSOの導入が進み、44社から51社と急増した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【CSO協会】15年目標のCMR5000人‐清水会長「視野に入ってきた」

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS