【協会けんぽ】ジェネリック医薬品の差額通知、4年間で医療費163億円削減

2013年7月12日 (金)

ニュース


 全国健康保険協会(協会けんぽ)は、9日に発表した2012年度の決算見込みで、ジェネリック医薬品の使用促進により、2009~12年度までの4年間で医療費削減額が推計で約163億円に上ったことを明らかにした。

 協会けんぽでは、糖尿病や高血圧などの慢性疾患患者で先発品を服用し続けている被保険者を対象に、GE薬に切り替えた場合の自己負担額の差額を知らせる「差額通知」を送付する取り組みを行っている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【協会けんぽ】ジェネリック医薬品の差額通知、4年間で医療費163億円削減

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS