生出日薬副会長「覆面調査、残念な結果」‐販売ルールの遵守求める

2015年5月12日 (火)

ニュース


 日本薬剤師会の生出泉太郎副会長は7日の定例会見で、1日に厚生労働省が公表した2014年度「医薬品販売制度実態把握調査」(覆面調査)の結果について、「残念な結果としか言えない」との認識を示し、自主点検の依頼や業務チェックシートの配布、研修などを進め、遵守状況の改善を図りたい考えを示した。

 覆面調査では、昨年6月施行の改正薬事法により新設され、薬剤師のみに関与が許されている要指導薬を販売する際、販売制度で義務づけられている「購入者が使用者本人であること」を確認した薬局が80.1%で、「文書による情報提供」を行っていた薬局は72.9%だった。

 また、同じく薬剤師に扱いが限定されている第1類薬についても、文書で情報提供を行っていた薬局が70.1%にとどまっていた。



HOME > ニュース > 生出日薬副会長「覆面調査、残念な結果」‐販売ルールの遵守求める

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!