【特許庁】中外製薬が出願件数5位に‐抗体医薬の特許動向調査

2015年5月25日 (月)

ニュース


 特許庁は19日、2014年度の特許出願技術動向調査報告書を発表した。抗体医薬に関する特許出願件数は、米国人による出願が約50%のシェアを占め、日本人の出願は約10%のシェアにとどまった。独立子会社を分けた出願件数ランキングでは、中外製薬が5位、協和発酵キリンが9位と、日本からバイオに強い2社がトップ10入りした。技術的には、新規な抗体分子に関する出願比率が低く、二重特異性抗体、抗体医薬複合体等への取り組みが遅れていた。

 1971年から2012年までの抗体医薬の特許出願件数は、3万4741件だった。出願人の国籍を見ると、米国が1万7204件と最も多く、約50%のシェアを占めた。次いで欧州が1万0289件と約30%のシェア、日本は4157件と約10%のシェアにとどまった。米国の出願人は、積極的に外国へ特許を出願しており、いずれの国・地域でも件数が最大シェアを占めた。



HOME > ニュース > 【特許庁】中外製薬が出願件数5位に‐抗体医薬の特許動向調査

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!