【北海道薬学大会】薬剤師の分業意識に危機感‐磯部参事官「専門家としての対応再点検を」

2015年5月29日 (金)

ニュース


磯部総一郎参事官

磯部総一郎参事官

 厚生労働省の磯部総一郎参事官(医療機器・再生医療等製品審査管理担当)は、先に開かれた北海道薬学大会で「医薬分業の歴史」をテーマに講演。医師と薬剤師の熾烈な闘いの結果、分業が進んできた過去を振り返った上で、多くの薬剤師が“血のにじむような努力をしてきた先人たちの労苦”を忘れ、医薬分業が進んでいる状況を「当たり前」と思っていることを憂慮し、「患者一人ひとりに最大限の対応ができているかを再点検すべき」と述べ、奮起を促した。

 磯部氏は、明治、大正、昭和期にかけての医薬分業実現に向けた歩みや、闘いを紹介。それでも、分業は思うように進まなかったが、1980年頃から「薬漬け医療」を糾弾する声が高まり、厚労省が薬価改定方式を見直し、薬価差の縮小と医師の技術料の引き上げを行うようになったことで、大きく進展し始めたと分析した。



HOME > ニュース > 【北海道薬学大会】薬剤師の分業意識に危機感‐磯部参事官「専門家としての対応再点検を」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!