【厚労省】輸入ワクチン賠償延長せず‐十分な国内供給見通しで

2015年6月8日 (月)

ニュース


 厚生労働省は1日、新型インフルエンザの輸入ワクチンによる健康被害で賠償が生じた場合に、海外メーカーの損失を国が肩代わりするとした予防接種法の取り決めを、来年7月以降延長しないことを決めた。来年に細胞培養法で1億0500万人分のワクチンが製造可能になり、国内で十分な供給体制が確立する見通しが立ったと判断した。厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の部会で了承された。

 これまで日本では、国産ワクチンの生産体制が脆弱だったことから、国が海外の新型インフルエンザワクチンを特例承認し、予防接種に用いる例外的な対応を取ってきた。さらに予防接種法の規定で、輸入ワクチンによる健康被害で賠償が生じた場合、国がメーカーの損失を補償する契約を来年7月まで交わしていた。



HOME > ニュース > 【厚労省】輸入ワクチン賠償延長せず‐十分な国内供給見通しで

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!