【政府参与会合】創薬支援ネットで連携強化‐製薬協・多田会長が要望

2015年7月13日 (月)

ニュース


 日本製薬工業協会の多田正世会長は7日、政府の健康・医療戦略参与会合に出席し、革新的新薬の創出に向けた施策として、創薬支援ネットワークの強化、臨床開発インフラの整備、新薬創出等加算制度の維持などを要望した。

 多田氏は、新薬開発に関して、日本医療研究開発機構(AMED)を中心とする「創薬支援ネットワーク」に協力し、AMEDの2015年度目標である「企業へのライセンスアウト1件以上」を達成できるよう連携を強めていくと発言。同時に、製薬企業の持つ化合物ライブラリーを無償で提供する官民連携の創薬支援プラットフォーム「産学協働スクリーニングコンソーシアム(DISC)」に協力する意向を示した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【政府参与会合】創薬支援ネットで連携強化‐製薬協・多田会長が要望

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS