【医療機器センター】設立30周年で記念式典‐一般者に医療機器を啓発

2015年7月15日 (水)

ニュース


菊地眞理事長

菊地眞理事長

 医療機器センターは6日、都内で設立30周年式典・祝賀会を開催した。菊地眞理事長は、式典前の記者会見で、「医療機器が国全体でこれほどまでに注目を浴びた時期はなかった。医療機器センターも30周年を機に生まれ変わる必要があり、新しい機能を拡張しないといけない」と述べ、今後の活動として産学官臨のつなぎ役を果たすと共に、一般者に向けた医療機器の啓発も推進していく方針を語った。

 同センターでは、機器開発の産業界、研究開発のアカデミア、規制や医療制度を担う行政、臨床使用の臨床現場と「産学官臨」のパイプ役として、医療機器産業の環境を整備すると共に、研究開発から市販前規制、市販後安全、適正使用と医療機器のライフサイクル全体に適した各事業を展開している。



HOME > ニュース > 【医療機器センター】設立30周年で記念式典‐一般者に医療機器を啓発

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!