【クオリカプス】カプセル事業、年14%増目指す‐世界市場平均の2倍成長

2015年7月15日 (水)

ニュース


シロ・アフマーダCEO

シロ・アフマーダCEO

 三菱ケミカルホールディングス傘下でカプセル製造世界的大手のクオリカプスのシロ・アフマーダCEOは、8日に都内で記者会見し、世界のカプセル市場の年成長率を7%と見込んだ上で、「クオリカプスのカプセル事業を市場平均の2倍に相当する14%まで成長させていきたいと思っている」との目標を語った。

 クオリカプスは、ハードカプセルと製剤関連機械の製造事業を展開するグローバル企業で、2012年に三菱ケミカルがカーライルグループから買収した。世界の医薬品用カプセル市場の20%以上のシェアを保有し、14年売上高は247億円。アフマーダ氏は「グローバルなビジネス拠点、世界中に研究開発拠点を持っていることが競合他社に対する最大の優位点となっている」との強みを述べる。



HOME > ニュース > 【クオリカプス】カプセル事業、年14%増目指す‐世界市場平均の2倍成長

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!