【厚労省】薬剤師が抗癌剤内服管理‐入院基本料要件の評価対象で論点示す

2015年8月10日 (月)

ニュース


 厚生労働省は5日、急性期病院で入院基本料を算定するための要件となる一般病棟の「重症度、医療・看護必要度」を評価する項目のうち、抗癌剤の内服管理については、看護師だけでなく薬剤師が実施した場合も評価対象とする論点を、中央社会保険医療協議会の入院医療等の調査・評価分科会に示した。

 急性期病院で診療報酬の入院基本料を算定するためには、各医療機関が対象となる病棟で「重症度、医療・看護必要度」を測定し、基準を満たす患者の割合を届け出る必要がある。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】薬剤師が抗癌剤内服管理‐入院基本料要件の評価対象で論点示す

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS