レナセラピューティクス設立‐東京医歯大発ベンチャー、ヘテロ核酸技術の事業化目指す

2015年8月21日 (金)

ニュース


 東京医科歯科大学は、同大大学院医歯学総合研究科脳神経病態学の横田隆徳教授が開発した画期的な新規核酸医薬「ヘテロ核酸」の技術に知的財産戦略、研究戦略を通して支援してきたが、このほど産業革新機構(INCJ)の出資のもとベンチャー「レナセラピューティクス」が設立されたことから、引き続き同社のヘテロ核酸技術の事業化を支援していくことにした。

 同大は、レナセラピューティクスを同大発のバイオベンチャーとして認定し、技術供与を行うと共に、レナセラピューティクスとの共同研究、施設貸与を通して、同社の支援を行っていく予定。INCJはレナセラピューティクスに対し、6億円の出資を実行済み。



HOME > ニュース > レナセラピューティクス設立‐東京医歯大発ベンチャー、ヘテロ核酸技術の事業化目指す

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!