【厚労・総務両省懇談会】「個人健康情報」に指針必要‐クラウド医療ICTで骨子案

2015年8月24日 (月)

ニュース


 厚生労働省と総務省の合同会議「クラウド時代の医療ICTの在り方に関する懇談会」は18日、クラウドサービスを活用した医療情報連携に向けた骨子案をまとめた。個人の健康情報を一元的に管理するパーソナルヘルスレコード(PHR)に関しては、今後、母子手帳の電子化や検診情報の一元管理などの事例から運用上の課題等を検討し、普及促進に向けたガイドラインを策定していく必要があるとした。

 骨子案では、医療分野でのPHRサービスの本格的な導入、スマートフォンなどモバイルサービスの利用促進、超高精細映像技術の普及などについて、今後の方向性を示した。

 PHRサービスについては、国民自らが生涯にわたる健康情報等を時系列的に管理し、自身の健康状態を把握することで、より適切なサービスの提供を受けることを目指すものと位置づけた。



HOME > ニュース > 【厚労・総務両省懇談会】「個人健康情報」に指針必要‐クラウド医療ICTで骨子案

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!