今別府医薬食品局長「高リスク一般薬25品目、8月に検討会立ち上げへ」

2013年7月26日 (金)

ニュース


臨時国会で法改正視野に

今別府敏雄医薬食品局長

今別府敏雄医薬食品局長

 厚生労働省の今別府敏雄医薬食品局長は24日、就任後初めて専門紙の共同取材に応じ、政府が一般薬のインターネット販売を全面解禁する方針を打ち出したことを受け、リスクの高いスイッチ直後品目と劇薬の25品目の販売方法を決める検討会を8月に開く考えを明らかにした。薬事法改正が必要な事例があることから、9月までに検討会で改正法案の内容を固め、秋に開かれる臨時国会への提出を目指す。

 今別府氏は、就任に当たって、▽一般薬のネット販売問題の決着▽継続審議となった薬事法改正法案、再生医療新法案の成立――の二つを当面の課題と位置づけた。その上で、「医薬食品局の行政は、まさに国民の健康を預かる仕事そのもの。そういう意味でも四半世紀ぶりに戻ってきて機会を与えられたので、二つの宿題を片付けた後は、落ち着いていい仕事をしたい」と抱負を語った。



HOME > ニュース > 今別府医薬食品局長「高リスク一般薬25品目、8月に検討会立ち上げへ」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!