関西電力医学研究所が本稼働‐文科省から認定取得、若手医師らの研究を活性化

2015年10月26日 (月)

ニュース


清野裕氏(右)と矢部大介氏

清野裕氏(右)と矢部大介氏

 関西電力病院(大阪市、400床)と連携した民間の研究所として、関西電力医学研究所が発足し、1日から本格的に稼働した。糖尿病領域の研究者として著名な関西電力病院院長の清野裕氏が所長に就任。文部科学省から認定を受けた研究機関として、国や財団、企業などの公募型研究費を活用し、国内外の様々な機関と連携して基礎研究や臨床研究を行う。民間病院に勤務しながら研究にも注力できる環境を整備することで、若手医師らの研究を活性化させたい考えだ。

 設立の背景について清野氏は「若手医師の研究マインドが低下している。長い目で見ると日本の損失になる。優秀でもきっかけをつかめず、市中病院に出たまま研究に踏み出せない若手医師もいる。研究マインドを持って研究に取り組んでほしいし、さらに研究したい人は大学に戻って大学院に進んだらいい。その橋渡しをしたいと考えた」と話す。



HOME > ニュース > 関西電力医学研究所が本稼働‐文科省から認定取得、若手医師らの研究を活性化

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!