【JACDS】医薬品の特別所得控除、導入に協力

2015年10月27日 (火)

ニュース


宗像守氏

宗像守氏

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の宗像守事務総長は、16日の定例会見で消費税増税および所得控除について言及し、軽減税率10%導入時と医薬品の特別所得控除について、「(ドラッグストア業界として)医薬品の特別所得控除の導入協力と、引き続き医薬品の軽減税率対象を求めていくことが決まった」ことを報告した。

 宗像氏は「軽減税率10%の導入時と医薬品の特別所得控除については、4ブロック(九州、西日本、東日本、中部)の総会で会員に発表し、意見をもらった。その後、常任理事会、理事会(今月9日)において、これら意見等を反映しながら検討を行った。医薬品の特別所得控除は、日本OTC医薬品協会、日本一般用医薬品連合会が進めているものだが、JACDSもこれに協力していく。併せて医薬品の軽減税率対象を求めていくことに関しても、継続していくことが決まった」と述べた。



HOME > ニュース > 【JACDS】医薬品の特別所得控除、導入に協力

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!