新薬開発力向上が重要施策‐神田医政局長、後発品80%時代へ見解

2015年10月29日 (木)

ニュース


神田裕二医政局長

神田裕二医政局長

 厚生労働省の神田裕二医政局長は26日、就任後初めて専門紙の共同会見に応じ、後発品の数量シェアを80%に引き上げるに当たって、医薬品産業の競争力を強化するためにまとめた総合戦略に言及。「後発品の使用促進と合わせて、先発品メーカーの新薬開発力をいかに維持し、高めていくかが非常に重要な施策になる」との考えを示した。

 神田氏は、骨太方針で決定された2017年央に後発品の数量シェア70%、18~20年のできるだけ早い時期に80%とする目標について、「非常に高い目標が掲げられた」としつつ、「それに向けて各方面の施策を実施する必要がある」との認識を述べた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 新薬開発力向上が重要施策‐神田医政局長、後発品80%時代へ見解

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS