第101回国試に向け「薬剤師国家試験は、医療と直結!」

2015年11月1日 (日)

薬学生新聞


g00052_20151101_09-01

病態・薬物治療

■検定の薬剤師国家試験出題範囲を読み解く

 近年、薬剤師国家試験(国試)における病態・薬物治療の出題は様々な疾患、新規の治療薬などに関する問題が増加しています。特に旧国試に比較して顕著な部分として情報・検定の範囲の出題の増加です。現状の国試は全40問中およそ10題の出題があります。中でも検定に関しては実際の添付文書などのデータから読み解く問題が出題されます。その例題を下記に示します。

■例題(第100回薬剤師国家試験 問193)
g00052_20151101_09-02
■例題の解答
g00052_20151101_09-03
■検定の問題を回答する際の注意点
g00052_20151101_09-04

実務

■処方に関わる薬剤師国家試験での出題

 薬剤師国家試験(国試)では345題の問題が出題されますが、そのうち95題は「実務」が占めており、これは国試の約27%になります。また、そのうちの「処方」に関わる問題は第100回国試では約30題の出題となっています。そこで、今回は特に医療と直結している「処方」に関する内容について、既出問題を題材として紹介します。

■例題(第99回薬剤師国家試験 問284~285)
g00052_20151101_09-05
■処方問題を解くポイント
g00052_20151101_09-06
■例題の解答
g00052_20151101_09-07

学校法人医学アカデミー薬学ゼミナール



HOME > 薬学生新聞 > 第101回国試に向け「薬剤師国家試験は、医療と直結!」

薬学生新聞 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!