【厚労省・文科省合同会議】研究データの長期保存を‐公正性確保で意見相次ぐ

2013年7月31日 (水)

ニュース


 厚生労働省と文部科学省は25日、疫学研究と臨床研究に関する倫理指針の見直しに向けた合同会議を開いた。その中で、研究の質について論点を追加し、研究成果の科学的な信頼性保証や社会からの信頼を確保するために必要な検討事項を議論した。

 この日の会議では、事務局から、研究成果の信頼性を確保するための措置として、モニタリングや監査のほか、研究データの一元管理や記録の長期保存を研究機関の長に求める必要があるか等の論点が示された。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省・文科省合同会議】研究データの長期保存を‐公正性確保で意見相次ぐ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS