新薬開発、産学連携など工夫を‐大西経済課長「製薬企業は長期ビジョン必要」

2015年11月30日 (月)

ニュース


大西友弘経済課長

大西友弘経済課長

 厚生労働省医政局経済課の大西友弘課長は24日、専門紙の共同取材に応じた。メガファーマより資本力が小さい国内の製薬企業でも、産学連携やベンチャーの活用を通してシーズを見つけるなど、「いろいろ工夫の余地はある」とし、「M&Aなどで企業規模が大きくならないと新薬開発ができないとは考えていない」と語った。また、製薬企業に必要なのは「長期ビジョンを持つこと」と指摘した。

 厚労省が策定した「医薬品産業強化総合戦略」では、「医薬品産業の現状と課題」の中で「医薬品開発の費用は高騰する一方、日本企業の規模は小さい」としている。



HOME > ニュース > 新薬開発、産学連携など工夫を‐大西経済課長「製薬企業は長期ビジョン必要」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!