【厚労省】電子お薬手帳、一元的な閲覧求める‐データ項目はJAHIS標準

2015年12月3日 (木)

ニュース


厚労省が留意事項

 厚生労働省は11月27日、電子版お薬手帳の運用上の留意事項をまとめ、都道府県に通知した。一つで服薬情報を把握できるようにするため、利用者が複数の手帳を持つ場合には、薬局で一つに集約することや、どの手帳を使っていても、医療機関や薬局のパソコンから一元的に閲覧できる仕組み構築を求めた。データ項目は、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)の仕様書に従うこととした。

 通知では、お薬手帳サービスを提供する薬局や医療機関、アプリケーション提供やデータを保存するサーバー管理などを運営する運営事業者の運用上の留意点を示している。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚労省】電子お薬手帳、一元的な閲覧求める‐データ項目はJAHIS標準

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS