テバと武田、国内合弁会社へ‐長期収載品とジェネリック薬が対象

2015年12月3日 (木)

ニュース


 武田薬品とイスラエルのテバ・ファーマスーティカル・インダストリーズは11月30日、長期収載品とジェネリック医薬品(GE薬)に特化した国内合弁会社を設立すると発表した。出資比率は、テバが51%、武田が49%で、来年4月以降の発足を予定。製品構成は、武田が販売する長期収載品、テバが販売するGE薬となるが、代表者や対象品目、新会社の具体的なスキームなどの詳細は開示していない。国内でGE薬の普及が進む中、合弁会社を通じて、武田は長期収載品の価値最大化、テバはGE薬の売上拡大を実現し、新たなビジネスモデルを打ち立てる。

 武田の国内医療用医薬品事業の2015年度上期売上は、前年同期比4%減の2720億円。そのうち長期収載品比率は全体の約45%で、降圧剤「ブロプレス」や消化性潰瘍治療剤「タケプロン」、前立腺癌治療剤「リュープリン」が売上を落とした。新薬事業に集中するためには、長期収載品を含めた構造改革を必要としていた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > テバと武田、国内合弁会社へ‐長期収載品とジェネリック薬が対象

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS