【セルシード】食道再生上皮シート、国内治験開始へ‐橋本社長「17年末には申請目指す」

2015年12月9日 (水)

ニュース


橋本せつ子氏

橋本せつ子氏

 再生医療支援事業を展開するセルシードは、食道再生上皮シート「ヒト(自己)口腔粘膜由来細胞シート」の国内臨床試験を開始すると発表した。代表取締役社長の橋本せつ子氏は4日に都内で会見し、「2017年の終わりぐらいには承認申請にもっていきたい」と今後の開発に意欲を示した。

 セルシードは、東京女子医科大学発の再生医療ベンチャー。同社の基盤技術を用いた細胞シートは、食道癌患者自身の口腔粘膜から細胞を採取し、温度応答性培養皿を用いて細胞シートを作成し、食道癌患者に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)後の傷口の部分に当たる食道腫瘍面に移植する。培養期間は約14日。



HOME > ニュース > 【セルシード】食道再生上皮シート、国内治験開始へ‐橋本社長「17年末には申請目指す」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!