診療報酬の財源配分率、「調剤0.3」表現残す‐日医・横倉会長

2015年12月15日 (火)

ニュース


 日本医師会の横倉義武会長は、9日に都内で開催した「国民医療を守るための総決起大会」後の会見で、次期診療報酬改定における医科と調剤の財源配分比率について、従来の1:0.3という「基本的な原則は変えない」との考えを示した。

 医科と調剤の財源配分比率をめぐっては、日医が医科報酬に回す財源を捻出するため、従来の調剤報酬の配分比率0.3を見直すべく、中央社会保険医療協議会などで、調剤報酬への関与を強めている。

 横倉氏は、「薬剤師という国家資格を持って仕事をするためには、適切な評価が必要」としつつも、「0.3とはいっても、切り上げ、切り捨て、四捨五入ということもある」と指摘。0.3という「表現は残す」と述べたが、0.3より下がる可能性があることにも含みを持たせた。



HOME > ニュース > 診療報酬の財源配分率、「調剤0.3」表現残す‐日医・横倉会長

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!