大型門前適正化で40億円削減‐16年度の診療報酬改定率が決着

2015年12月25日 (金)

ニュース


16年度予算案の折衝に臨む塩崎恭久厚生労働相(左)と麻生太郎財務相

16年度予算案の折衝に臨む塩崎恭久厚生労働相(左)と麻生太郎財務相

 塩崎恭久厚生労働相と麻生太郎財務相が21日に行った来年度予算案の閣僚折衝で、2016年度診療報酬改定率を、本体プラス0.49%(国費プラス500億円程度)とすることを決めた。医科0.56%増、歯科0.61%増、調剤0.17%増で、技術料割合に基づく医科:歯科:調剤「1:1.1:0.3」の配分比率は維持した。調剤増は国費ベースで約30億円に相当するが、改定の別枠で実施される「大型門前薬局等の評価の適正化」によって約40億円(国費)が削減されることから、差し引くと調剤全体ではマイナス10億円(国費)と見ることもできる。

 大型門前薬局等の適正化で削減される国費ベースの40億円を医療費ベースに換算すると160億円に相当する。



HOME > ニュース > 大型門前適正化で40億円削減‐16年度の診療報酬改定率が決着

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!